漢養舎ブログ

「漢養舎の本棚」「出直し!漢字学習」「思い出のひきだし」「自由のぉと」

威:常用漢字、漢検4級

音読みは、「イ」。訓読みは、「おどーす(し)、たけーし」。

意味は、
①おどす。おびやかす。「威圧」
②いかめしい(立派で重々しい感じがあり近寄りにくい)。おごそかな。「威厳」
③いきおい。人を恐れさせる力。「威勢」「権威」
*『角川新辞源』に、「しゅうとめ(姑)」という意味もあった<笑>。

 

この「威」に含まれる漢字、関連性があると思った漢字は、

・「弋」:ヨク、いぐるみ、くい

・「戈」:カ、ほこ(柄と垂直に取り付けたもの。水平のものは「矛」)。

・「戊」:ボ・ボウ、ほこ・*つちのえ(本来の意味とは関係がない)。
       *十干(じっかん)の5番目(甲乙丙丁戊・・・)。

・「戉」:エツ、まさかり(普通は、鉞と書く)。

・「戌」:ジュツ、*いぬ(本来の意味とは関係がない)。
       *十二支(じゅうにし)の11番目(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)。

・「戍」:ジュ、まもる

まず、「弋」。この漢字には大きく分けて2つの意味がある。
 ①いぐるみ。矢に糸をつけ、その糸で包(くる)むように捕らえるもののこと。
 ②くい(杭)。地中に打ち込む棒のこと。
全く別物のような感じがするが、矢も杭も棒状という共通点がある。

そして、棒状の「弋」を柄(え)とし、それに刃物を意味する「ノ」を加えて、上記の漢字が作られたのではないかと思う。

どの漢字も、古い字形は武器(兵器)の一種で、武器の形が少しずつ違っているため字形に違いが生じている。そのため、辞書によって組み合わせが異なっていて、どの組み合わせが正しいのか判断に苦しむが、単純に考えると、

「女」+「戌」=「威」

なのかなあと思う。

一方、興味深いのは『字統』の解説。

「妥」+「戈(カ、ほこ)

という組み合わせとし、聖なる兵器(武器)を用いて女性を落ち着かせ安心させる儀礼とのこと。

「妥(ダ、おだーやか」は、

「爪(手)」+「女」

で、手で女性を落ち着かせ安心させる意。ということは、
「戌」の「一」の部分が「爪(手)」の省略形と考えていいのかもしれない。

う~ん、この成り立ちも捨てがたい<笑>。

いずれにしても、武器の一種の「ほこ」と「女」との組み合わせで、意味が添えられていったのだと思う。

以上、「威」については、納得できた。

 

あと、ついでに、「戍」について。

・「戍」:ジュ、まもる

「戍」は「戌」と似ているが、よく見てみると、「戍」は、

・「人」+「戈」

のようにも見えなくはない。「人」の2画目が離れて点になったのではないかと思う。この「戍」の意味は、人が武器を持って、警備に立つことを表していることから「守る」という意味となっている。

 

最後に「威」を使った熟語で、出題されそうなものをメモしてみた。

・威夷(イイ) 
 ①道の険しいさま。
 ②道の長いさま。曲がりくねっているさま。*類:威遅(イチ)

・威徳(イトク)
 ①おごそかで冒(おか)しがたい徳。
 ②刑罰と恩恵。 *類:威恩(イオン)・威沢(イタク)。

・権威(ケンイ)
 ①人を強制し、服従させる力。権力と威勢。
 ②その分野で最高のレベルに達したもの。オーソリティー。*類:泰斗(タイト)

・稜威(リョウイ、いつ)
 ①みいつ。威光。
 ②[日本]天皇の威光。*御稜威(みいつ、みいず・づ)

・霜威(ソウイ)
 ①霜(しも)がおりて、寒さがきびしいこと。
 ②きびしい威光。霜が万物を枯らすのにたとえる。

・霽威(セイイ、イをはーらす)
 雨が止んで晴れるように、怒りが解ける。さっぱりと機嫌を直す。

 

 

 

 

 

 

委:教育&常用漢字、漢検8級

音読みは、「イ」で特に問題なし。
一方、訓読みは、「ゆだーねる、まかーせる、くわーしい、おーく、すーてる」などと、読み方が多く、成り立ちから意味を紐解くのに、かなりの時間が・・・。

まず、この漢字の構成は、「(カ、いね、のぎ)+」。

「禾」は、粟(あわ)や稲などの穀物の穂先が垂れている形で、穀物の総称。
カタカナの「ノ」と漢字の「木」から「ノ木偏(のぎへん)」という部首名があり、このほうがわかりやすいかもしれない。

『字統』によると、委は、穀物の霊を象(かたど)った禾形のものを頭に被(かぶ)って舞う女性の姿で、農耕の儀礼を示しているとのこと。
男性の場合は「」、子供の場合は「」、らしい。
なぜ「年」が?、と思うが、年の古い字形は「禾+人」なので、納得。

「年」と「季」は、大人と子供という関係からか、農耕における一年が「年」で、その節目が「季」。よって、「季」は春夏秋冬といった「季節」を表したり、兄弟の順列で「末っ子、末」を意味したり、「若い、幼い、小さい」という意味もある。

 

一方、「委」は「年」「季」とは異なり、農耕や農耕儀礼を行うときの女性の役割や様子、更には女性の特徴から意味がつけられていったのではないかと思う。

『字統』によると、農耕儀礼のさい、女性の舞う姿がしなやか・おだやかであることや、しなやかであることから曲折することが多いことなどを例として挙げてある。

また、収穫した農作物を集めたり運んだりする様子から「おーく、すーてる」、手先の器用さだったり、細かく丁寧な仕事ぶりからか、「くわーしい、つまびーらかに」、などといった意味がうまれたのかもしれない。

 

学級委員や委員長などの「委員」、委任状や委任するといった場合の「委任」という漢字はよく目にするが、以下の漢字はあまり、というか、ほとんど目にしないと思うが、試験に出そうなので、書き出してみる。

委曲(イキョク、つばら)
 ①くわしくこまかなこと。すみずみまですべて。*類:委細。委悉(イシツ)。 
 *[つばら]:詳しいこと。細かいこと。つばらか。「詳(つば)ら」とも書く。
 *[つばらつばらーに]:くわしく。つくづくと。しみじみと。
 ②身をかがめて従うさま。*類:委屈(イクツ)

委質(イシ、シをイす)
 はじめて仕官すること。 *類:委摯(イシ)、委贄(イシ)
 *はじめて君主に仕えるとき、自分の身命を君主にささげる意味を示す礼物の
  雉(キジ)をささげたことから。
 * 一説に、質は体(からだ)を意味し、膝を曲げて体を地面に置く、平伏する
  こと。また、身命を主君にゆだねる意。
 *[委贄・委摯]:子どもが初めて先生にまみえたりするとき、礼物の束脩
  (ソクシュウ、束ねた干し肉のこと)を地面に置く。直接に手渡すことは
  失礼とされた。

委蛇、イダ)
 ①うねり曲がって長く続くさま。
 ②ゆったりと落ち着いているさま。
 ③身を曲げてしたがうさま。
 *泥鰌(ドジョウ)の別称。

委順(イジュン)
 ①自然の成り行き。
 ②成り行きにまかせること。特に、死をいう。

原委(ゲンイ)
 物事の本末。原は、源(みなもと)。委は、流れの集まってたまった所。
 *「原」は、「厂(がけ)」+「泉(いずみ)の省略形」で、元は水源の意。
  後に「広くて平らな土地」の意味に用いるようになったため、「源」が作られた。

 

 

依:常用漢字、漢検4級

音読みは、「イ、エ」。訓読みは、「よ-る」。

『漢検漢字辞典』では、この漢字の意味を

①よる。たよる。よりかかる。「依存(イソン・イゾン)」「依頼(イライ)」
②そのまま。もとのまま。「依然(イゼン)」
③はっきりしない。ぼんやりしている。

の三つに分類しているが、よくわからなかったのは、③。

この疑問を頭に入れて、成り立ちを調べてみた。

 

依は、「人」+「衣」
どちらも象形文字で、衣は、衣服の襟元(えりもと)の部分を表したもの。

『字統』によると、「依は、衣を身にかけて、霊を寄り添わせる意」とのこと。古い字形は、衣服で人を包(くる)んでいるような形なので、なるほどと思う。

亡くなった人の霊あるいは神が他の人の体に乗り移ることは、

・他人の体を借りることでもあるから、①
・乗り移った霊は以前と変わらないことから②
・外見と中身は異なることから③

というようなことなのかなあと思う。

また、③については、「はっきりとしないが、よく似ている」というふうにもとれ、「よく似ている」「彷彿(ほうふつ)とさせる」という意味の熟語もある。

なんとも不思議な感じのする漢字だが、きのうたまたまテレビで神楽(かぐら)の話題が取り上げられていて、こういった神事を自然に受け入れていることを考えると、依という漢字も違和感がなくなる。

 

最後に、漢検に出題されそうな熟語や類義語を整理してみる。

依稀(イキ)
 ①ぼんやりとして、はっきりしないさま。
 ②よく似ているさま。*類義語:彷彿・髣髴(ホウフツ)、依約

依約(イヤク)
 ①頼り、結びつく。
 ②ほのかにぼんやりと見えるさま。
 ③似ていること。*類義語:彷彿・髣髴(ホウフツ)、依稀

依怙(イコ・エコ)
 ①頼る。頼りとなるもの。父母。*類義語:怙恃(コジ)
 ②[日本]一方にかたよって不公平なこと。*類義語:偏頗(ヘンパ)

依然(イゼン)
 ①もとのままで変わらないさま。
 ②昔のことを恋い慕うさま。
 ③樹木が盛んに茂るさま。
 *①の意味から派生し、樹木が勢いを保って元気なさまを表しているのかも?

瞻依(センイ)
 仰ぎ尊び、頼りにすること。*瞻は、見上げる意。

医:教育&常用漢字、漢検8級

音読みは、「イ」。訓読みは「い-やす」「くすし」。訓読みからはそれぞれ、「癒やす」「薬師(くすりし→くすし)」が連想される。

意味は訓読みにもあるように、

①病気を治す。いやす。
②病気を治す人。医者。くすし。

その他、

③甘酒。梅酢

なんてものもあった。確かにどちらも体に良さそう<笑>。

熟語には類義語として出題されそうなものがあった。

 医伯(イハク)=国手(コクシュ)

どちらも、「すぐれた医者。名医。」のことで、尊敬を込めた言い方。

医伯の「伯」は、年長の男性を尊敬して言う言葉であるから、理解できる。一方、なぜ国手というのかがわからないため、調べてみた。

出典の詳細はわからなかったが、中国の歴史書『国語(春秋外伝)』が出典とのこと。

一国の王の病気を治すことは、その国の安定につながる。また、それだけでなく、一人の病気を治すことが家族の安定、延いては、社会の安定にもつながる、ということから、

 国を医する名手⇒国手

になったらしい。

 

漢検の試験対策としてはここまでにしておいたほうがいいとは思いつつ、やはり気になるのが成り立ち<苦笑>。

まず、「医」の元となっている漢字は、

 、又は、

共通しているのは、

 (エイ)=医+殳(シュ、ほこ[たてぼこ、つえぼこ])

そして、それに、それぞれ、

 (ユウ、とり):酒器(酒つぼ)の形の象形文字。

 (フ、みこ、かんなぎ):両手で工具(呪術の道具)を捧げ、神を招き求める人
               の象形又は会意文字。

が加えられている。

これらの漢字が用いられる背景には、古い時代に行われていた医療行為がある。

その時代には今のような設備や道具があるはずもなく、病を治すため、神霊などに働きかけて望むままに超自然的な現象を起こさせようとする呪術や、神仏に祈る祈祷などが行われていたようで、それを頭に入れて、上記の漢字を個々にみていきたい。

まず、「医」から。

 医=匸+矢

この、カタカナの「コ」を反対にしたような漢字(部首)は2種類ある。

 (はこがまえ)

 (かくしがまえ)

よく似ているため、常用漢字では区別しないで、「はこがまえ」に統一されているが、医は本来、「かくしがまえ」と矢の組み合わせになっている。

矢は狩猟や戦いに用いられていたが、その他、魔除けや厄払いといった、目には見えない、”魔”や”厄”をも祓う力があると信じられていた。

具体的なやり方はわからないが、矢をどこかの場所に置いて、あるいは何らかの入れ物に入れて、覆い隠すようにして「匸」、呪術なり祈祷なりを行い、病を治そうとしていたのではないか。

次に、「殳」は、

 殳=又(手)+シュ(*机を表す几(キ)とは別字)

「又」の上にある「シュ」は、『角川新辞源』によると、羽の短い鳥が飛ぶ様子をかたどった象形文字とのこと。

『字統」によると、古くは鉞(まさかり)の形で、後に投げ槍(やり)の形になったとのことだが、その上部には羽の飾りをつけるそうなので、2つの辞書を総合すると、「殳」は、

 手に、羽根飾りの付いた槍のようなものを持った形

ということなのだろうと思う。そして、これも具体的なやり方は不明だが、手に槍のようなものを持って呪術なり祈祷なりを行って、病を治そうとしていたと思う。

よって、

 

は、呪術や祈祷が、ある種閉ざされた密室のような場所で行われていたことからか、”覆い隠す幕”という意味を持つ他、呪術や祈祷のさいに発するときの呻(うめ)くような声とし、音読みは「エイ」。まさに、「エイッ!」というかけ声のようにも思える。

そして、時代が進むにつれ、呪術や祈祷の他、薬草を酒つぼに漬け込んだ薬酒を用いるようになったことから、

 毉 醫

と区別するようになったのだろうと思う。そして、時代と共に、呪術や祈祷は廃(すた)れ、

 

が残り、そして今はその略字として、「医」が用いられている。

 

 

 

夷:漢検準1級

音読みは、「イ」。訓読みは、「えびす、たい-らか、ころ-す」など。

蝦夷(えぞ、えみし)、征夷(せいい)大将軍、尊皇攘夷(そんのうじょうい)、焼夷(しょうい)弾など、歴史にふれるさいに目にする程度で、あまり馴染みがない。
熟語には、漢検1級に出題されたものや、出題されそうなものもあるため、まず、成り立ちから調べてみた。

 

そもそも、なぜ「夷」という漢字ができたのか?

それは、自分たちと異なる人たち(民族?)の存在を表すためだったと思われる。

では、「夷」という人たちとは、どんな人たちなのか?。諸説あって、その真偽はよくわからないが、共通して言えることは、

・古代中国の、東の方に住んでいた人たち

ということのようだ。

そして、その特徴として、

・背が低い

・弓矢を使う(狩猟を行うという意味か?)

が挙げられる。

そして、「夷」という人たちを表す古い字形には次の3つが挙げられる。

①人が腰や膝を曲げて、体を丸くしている姿

②背の高い人の脇に、背の低い人がいる姿

③繳(いぐるみ*)の形。 *いぐるみ=射て、包(くる)む意から。

これは私見だが、時の移り変わりと共に、①と②は使われなくなり、③が残った。そして、今の字形「夷」ができたのではないかと思う。

①が使われなくなった理由としては、この字形が、

「尸(シ、しかばね):人間の死体。

の古い字形と、ほぼ同じ形であるため、背が低いという意味なのか、人間の死体なのか、意味の区別がつかなくなるからだと思う。

②が使われなくなったのは、大きい人の脇に小さい人を書いても、それが”背が低い人”なのか、”背が高い人”なのかをうまく表せなかったためではないか。あるいは、デザイン的に、その形を元にしてうまく漢字を作ることができなかったのかもしれない。

いずれにしても、最後に残ったのが③。

他の特徴として、弓矢を使うということがあったため、その特徴をもとに、今の「夷」という漢字に落ち着いたのではないかと思う。

講談社『新大字典』には、この「夷」の古字として、

 𡗝

があり、見てわかるように、

「大+弓」:両手・足を広げて立っている人+弓の形

からできているが、

「夷」は、繳(いぐるみ*)の形、とするものが一般的のようで、これは、矢に糸や網をつけて、当たるとからみつくようにしたものであるため、「大」のように見えるものは実は「矢」の形で、「弓」は、矢に巻くように付いている糸や網を表しているものと思われる。

以上、「夷」の成り立ちについて調べてみた。

 

「夷」は元々、自分たちと異なる人を表す漢字であったと思われるが、背が低いという特徴から、

・平(たいら)であること。
・低く座る。しゃがむ。
・平らげる。平定する。
・常に。平坦で変化のないさま。平坦で目立たない状態。
・平(たいら)で広い。広く行き渡るさま。

などといった意味が生まれた。そして、異なる人たちという認識から差別感が生じ、

・東方の異民族の蔑称。

へと派生していったのではないかと思う。

 

漢検1級対策として気になった熟語は、

夷悦(イエツ):かどがとれて、和やかに喜ぶ。夷愉(イユ)、夷懌(イエキ)。

あまりいい意味で用いられない「夷」だが、平であることから和やかという意味に派生している例で覚えておきたい。

また、当て字として、

辛夷(シンイ・こぶし)

日本では、「こぶし」、中国では「モクレン」のこと。この花の蕾(つぼみ)は漢方薬になるそうで、「シンイ」と呼ばれる。勝手な思いつきだが、「辛い症状を平らかにする」ということなのかなあと思った。

 

人の名前にはあまり用いられないような気もするが、この名前はすぐに浮かんだ。

 東山魁夷(ひがしやまかいい)

魁(さきがけ)は、「その道を初めて拓いた人。元祖。先駆者」という意味で、それに「夷」を組み合わせるというのはなんとも奥深い名前。

このコロナ禍が収まったら、各地にある東山魁夷関連の美術館などを訪れてみたい。一日も早くその日が来ることを願うばかり・・・。