漢養舎ブログ

「漢養舎の本棚」「出直し!漢字学習」「思い出のひきだし」「自由のぉと」

扱:常用漢字、漢検4級


簡単そうに思える漢字だが、なかなか難しい。

まず、訓読み。

・「こきおろす」→「扱き下ろす」:
 ①悪いところを取り上げて、ひどく悪く言う。
 ②しごき落とす。

・「しごく」→「扱く」:
 ①厳しく鍛える。また、暴力をふるって痛めつける。
 ②長いものなどを片方の手で持ち、もう一方の手ではさんで強く引く。

両方とも、①の使い方はよくわかるが、②がよくわからない。調べてみると、
「扱き下ろす」は、「煙筒からは風に―・された煙の中にまじって火花が飛び散っていた」〈有島・カインの末裔〉、のように使うらしい。
また、
「扱(こ)く」は、「稲・籾(もみ)をこく」というふうに使い、殻をこすり落とすような動作を表している。脱穀というとわかりやすいかもしれない。

「扱(しご)く」は、「帯をしごいて、締める」というふうに使われる。もともとは、武家の女性や女児が家の中で着物の裾(すそ)を引きずるように着ていたため、外出時に裾をたくし上げてひもで締めていた、ということらしい。『きもの用語大全 Powered by 創美苑』

音読みは、「キュウ」「ソウ」と読むらしいが、熟語がなかなか見当たらなかった。『字統』に、
・「扱衽」→「ソウジン」
というのがあった。着物の裾(すそ)を帯にはさむという意味らしい。その他、
『字通』に、
・「扱免」→「ソウメン」:着物の裾を帯にはさみ、肩を脱ぐ。
・「扱綸」→「ソウリン」:釣り糸をひく・垂れる。
・「扱排」→「キュウハイ」:収めとる。

というのもあった。「収める」という意味のときは、「キュウ」と読むのかも?

 

次に「扱」の成り立ちについて考えてみる。

「及」の古い字形をみてみると、人が後ろ向きになっている状態で、足の辺りに手がかかっているように見える。その様子をどう見るか。

辞書によって違いがあり、
・人を捕まえるさま。
・人に追いつくさま。
・逃げる人に、追いかける人の手が届くさま。

などなど・・・。

そういった様子に、手偏が加えられ、「扱」という漢字ができたということで、改めて「扱」の意味を『新漢語林 第二版』でみてみると、

①おさめる。おさめ入れる。=収。 
②つまむ。とる。 
③ はさむ。さしはさむ。=挿。 
④ およぶ。とどく。
*日本
①あつか-う。また、あつかい。 
②こ-く。しご-く。かきおとす。 
③こ-ぐ。草木を根元から引き抜く。

『字統』によると、「わが国ではこの字を”扱(あつか)うと読む。扱うとは、あれこれと世話をやくこと。そのために苦労し、やりくりするなど、厄介(やっかい)のかかることをいう。また、”扱(しご)く”と読むのは、強くはさみ取ることから転じたものであろう。本来の字義よりも、国語としての訓で用いられる字である。」とのこと。

まさに、「取扱注意!」の字だった<笑>。

 

斡:漢検準1級


この漢字だけみると、?、だけど、

斡旋(あっせん)、と書くと、「あ~、そうか」となる。

音読みは、「アツ」と読む場合が多いが、意味の違いによって、「カン」と読む場合もある。
・「アツ」:巡(めぐ)る。めぐらす。回(まわ)る。まわす。
・「カン」:司(つかさど)る。管理する。

それで、

斡維は、「カンイ」と読んで、車輪などのぐるぐるまわる物を止める中軸。というような意味になるらしい『角川新字源 改訂新版』。

漢検での出題予想としては、音読みと訓読みの組み合わせで出題されそうな感じがする。

成り立ちについて調べていたら、いろいろと興味深いことがわかってきた。

まず、この「斡」という漢字は、

「倝(カン)+斗」

「倝」は、
『字統』によると、「旗ざおと、吹き流しのはためくさま」の象形文字。
『漢字源』によると、「太陽がだんだん高く上がるさま」の会意文字。

解字の元となる古い字形がそれぞれ違うため、意味の取り方が違うように思えるが、共通するところもあるように思える。

それで、関連性のありそうな漢字を並べてみた。

朝・韓・斡・幹・翰・乾

共通する部分は、左側。興味深いのは、「朝」の一番古い字形の右側上部には何もない。一時期、右側上部に「斡」と同じものがある字形もあったが、今の字形は一番古い字形が元となっている。「韓」は元々あったものが省略されてしまっている。

それで、こう考えてみた。

まず、月が沈み、草と草の間から日(太陽)が昇る様子から、「朝」という漢字ができた。

そして、日(太陽)が昇る様子は畏敬の念を持って見られていたことから、それをイメージした「旗(はた)」そのものが作られたんではないか。そして、旗が風でなびいている様子を表すために右側上部にその形を付け加えたんじゃないかと想像している。

一方、「斗」は、「柄杓(ひしゃく)」とする見方もあるようだが、「斡」の一部としては「北斗星」としたほうが理解しやすい。

というのも、中国では、古い時代から天体観測や気象観測が行われていて、それを元にして、暦や占いが発達していったことを考え合わせると、「斗」=「星」と考えた方が漢字の作り方としては納得がいく。

星に関しては、各国で様々な神話があるようで、中国では、北斗星は帝(みかど)の乗り物と考えられていたり、北斗は「死」を司(つかさど)り、南斗は「生」を司ると考えられたりしていたという記述もみられた。

そんなことをあれこれ調べていて、思いつくのは、

北斗の拳

「おまえはもう死んでいる!」という台詞(セリフ)が耳に残っているが、これは史実に基づいていたということがわかって感心することしきり。

以上、「斡」についての覚え書き。

上記に挙げた、「韓・幹・翰・乾」については、長くなりそうなのでまた日を改めて。