漢養舎ブログ

「漢養舎の本棚」「出直し!漢字学習」「思い出のひきだし」「自由のぉと」

夷:漢検準1級

音読みは、「イ」。訓読みは、「えびす、たい-らか、ころ-す」など。

蝦夷(えぞ、えみし)、征夷(せいい)大将軍、尊皇攘夷(そんのうじょうい)、焼夷(しょうい)弾など、歴史にふれるさいに目にする程度で、あまり馴染みがない。
熟語には、漢検1級に出題されたものや、出題されそうなものもあるため、まず、成り立ちから調べてみた。

 

そもそも、なぜ「夷」という漢字ができたのか?

それは、自分たちと異なる人たち(民族?)の存在を表すためだったと思われる。

では、「夷」という人たちとは、どんな人たちなのか?。諸説あって、その真偽はよくわからないが、共通して言えることは、

・古代中国の、東の方に住んでいた人たち

ということのようだ。

そして、その特徴として、

・背が低い

・弓矢を使う(狩猟を行うという意味か?)

が挙げられる。

そして、「夷」という人たちを表す古い字形には次の3つが挙げられる。

①人が腰や膝を曲げて、体を丸くしている姿

②背の高い人の脇に、背の低い人がいる姿

③繳(いぐるみ*)の形。 *いぐるみ=射て、包(くる)む意から。

これは私見だが、時の移り変わりと共に、①と②は使われなくなり、③が残った。そして、今の字形「夷」ができたのではないかと思う。

①が使われなくなった理由としては、この字形が、

「尸(シ、しかばね):人間の死体。

の古い字形と、ほぼ同じ形であるため、背が低いという意味なのか、人間の死体なのか、意味の区別がつかなくなるからだと思う。

②が使われなくなったのは、大きい人の脇に小さい人を書いても、それが”背が低い人”なのか、”背が高い人”なのかをうまく表せなかったためではないか。あるいは、デザイン的に、その形を元にしてうまく漢字を作ることができなかったのかもしれない。

いずれにしても、最後に残ったのが③。

他の特徴として、弓矢を使うということがあったため、その特徴をもとに、今の「夷」という漢字に落ち着いたのではないかと思う。

講談社『新大字典』には、この「夷」の古字として、

 𡗝

があり、見てわかるように、

「大+弓」:両手・足を広げて立っている人+弓の形

からできているが、

「夷」は、繳(いぐるみ*)の形、とするものが一般的のようで、これは、矢に糸や網をつけて、当たるとからみつくようにしたものであるため、「大」のように見えるものは実は「矢」の形で、「弓」は、矢に巻くように付いている糸や網を表しているものと思われる。

以上、「夷」の成り立ちについて調べてみた。

 

「夷」は元々、自分たちと異なる人を表す漢字であったと思われるが、背が低いという特徴から、

・平(たいら)であること。
・低く座る。しゃがむ。
・平らげる。平定する。
・常に。平坦で変化のないさま。平坦で目立たない状態。
・平(たいら)で広い。広く行き渡るさま。

などといった意味が生まれた。そして、異なる人たちという認識から差別感が生じ、

・東方の異民族の蔑称。

へと派生していったのではないかと思う。

 

漢検1級対策として気になった熟語は、

夷悦(イエツ):かどがとれて、和やかに喜ぶ。夷愉(イユ)、夷懌(イエキ)。

あまりいい意味で用いられない「夷」だが、平であることから和やかという意味に派生している例で覚えておきたい。

また、当て字として、

辛夷(シンイ・こぶし)

日本では、「こぶし」、中国では「モクレン」のこと。この花の蕾(つぼみ)は漢方薬になるそうで、「シンイ」と呼ばれる。勝手な思いつきだが、「辛い症状を平らかにする」ということなのかなあと思った。

 

人の名前にはあまり用いられないような気もするが、この名前はすぐに浮かんだ。

 東山魁夷(ひがしやまかいい)

魁(さきがけ)は、「その道を初めて拓いた人。元祖。先駆者」という意味で、それに「夷」を組み合わせるというのはなんとも奥深い名前。

このコロナ禍が収まったら、各地にある東山魁夷関連の美術館などを訪れてみたい。一日も早くその日が来ることを願うばかり・・・。

 

 

 

 

 

以:教育&常用漢字、漢検7級

音読みは、「イ」。訓読みは、「もっ-て、もち-いる」

「以上、以下、以内、以外」に「以心伝心」、「本日を以て、閉店します」「和を以て貴しとなす」など、よく目にする漢字ではあるが、成り立ちについては、奥が深い。字体も、日本語を学ぶ外国の人たちにとっては覚えにくいという話を聞いたことがある。

漢検1級対策として特に気をつける熟語などはなかったが、成り立ちを調べているうちに面白いことがわかったきたので、それを整理してみたい。

 

「以」の古い字形は、田畑を耕す農具の「鋤(すき)」、あるいはその「鋤」を人が手に持っている形らしい。

この「すき」と呼ばれる農具だが、年代や用途の違いによって、形もいろいろある。そのため、異なる古い字形がいくつかあり、次のような漢字も作られている。

「ム」:音読みは、「シ」。訓読みは、「わたくし、ござ-る*」*「あ-る」の古語

「㠯」:*「以」の俗字あるいは異体字。

「耒」:音読みは、「ライ」。訓読みは、「すき」。

「已」:音読みは、「イ」。訓読みは、「や-む、すで-に、のみ、はなは-だ」。

「力」:音読みは、「リョク、リキ」。訓読みは、「ちから、つと-める」。

『漢字源』によると、「ム」は古い字形が鋤の形の他、

・三方から囲んだ形で、「私」の原字。

・肘(ひじ)を曲げた形で、厷(コウ)や肱(ひじ)の原字。

があるとしている。

「㠯」と「耒」を単漢字としてみることはあまりないと思うが、「耜(すき)」「耒耜(ライシ)」で、いずれも「すき」という意味で使われている。

「㠯」を見ると、「官」が頭に浮かんでくるが、「官」は、

 「宀(ベン)」+「𠂤(タイ)」の省略形

なので、要注意!

「已」を「㠯」と並べてみていると、なんとなく似ているような感じがしてくる。字形の変化なのだろうと思う。

「力」を「すき」の象形文字とみるのは、『字統』と『新辞源』。一方、『漢字源』と『新漢語林』は、”力強い腕の形”、とみている。自分としては、鋤の形のほうが説得力があるように思う。

 

話は元に戻って、「以」について。

「以」は、上記の説明を元にすると、

 「ム」+「人」

おそらく、「ム」の二画目が離れて、点になったんではないかと思う。これは私見だが、筆で文字を書くときのリズムや全体のバランスによるものではないかと考える。

「以」の訓読みに、「もっ-て、もち-いる」というのがあるが、これはおそらく、「すき」という農具を使用するというところからきているように思える。

農耕の歴史は古く、それに必要な道具も必要に応じて形が変わっていく。最初は人が鋤で耕していたが、道具の発達に伴い、牛馬に引かせる「犂(すき)」が作られた。

・固い土地を掘り起こす

・整地する

・草取りをする

などといった、作業の目的に応じて、農具の改良も行われていった。

農耕が我々にとって、いかに大切なものであるかが、道具、そして漢字を通して伝わってくる。

上記に挙げた漢字の意味も、農耕に関連して考えると、わかりやすい。ただ、「已」の意味が、なぜそういう意味を持つようになったのか、よくわからなかった。

「已」:音読みは、「イ」。訓読みは、「や-む、すで-に、のみ、はなは-だ」。

それで自分なりに出した答えは、

土地を耕す作業の中で、最後の仕上げに使われる「鋤(すき)」の形ではないか

である。これはあくまで私見だが、自分としてはけっこう納得できている。

 

以上、「以」について調べたことをまとめてみた。

かなりの時間を要し、「こんなことやってたら、漢検一級には一生受からないよなあ(笑)」と思ったりもするが、まあ、それも良しとしよう。