漢養舎ブログ

「漢養舎の本棚」「出直し!漢字学習」「思い出のひきだし」「自由のぉと」

渥:漢検準1級


右側の「屋」につられて、「オク」と読んでしまいそうだが、音読みは「アク」。
訓読みは、「あつーい」「うるおーい」。

意味は、
①厚(あつ)い。手厚い。
②うるおう(霑(テン)・濡(ジュ))。濡(ぬ)れる。うるおす。浸(ひた)す。
 漬(つ)ける。 
③うるおい。艶(つや)。光沢。美しい。つやがあって美しい。 
④濃(こ)い。
⑤恵( めぐ)み。恩恵。 *『新漢語林 第二版』より抜粋。

熟語は、
・渥然(あくぜん):つやつやと光沢のあるさま。
・渥丹(あくたん):濃い赤色。
・優渥(ゆうあく):天子の恵が手厚いこと。
など。

渥は、「水+屋」。ここで問題となるのは、「屋」。

屋は、「尸+至」。

「尸」は、亡くなった人が手足を伸ばして横になっている象形文字。音読みは、「シ」で、訓読みは、「しかばね、かたしろ」などと読む。

「至」は、「矢」が逆さまになった形と「一」で、「一」はこの場合、数字ではなく、矢の到達点・線を表しているとのこと。矢が飛んでいって、地面に突き刺さった形で、会意文字あるいは指事文字。「至(いた)る」と訓読みし、ある場所や状態に行き着く、到達するというような意味。

『字統』によると、重要な建物を建てるときは占(うらな)いをし、矢を飛ばして、その矢の到達したところを選んでいたとのこと。でも、矢を飛ばす向きはどうやって決めるのか?、などと、占い方がよくわからない。勝手な想像だが、
・矢を飛ばし、矢の到達した場所が良いのか悪いのかの吉凶をなんらかの占いの
 方法で占った。
と解釈すると、納得できる。

いずれにしても、亡くなった人が人生の最期を迎え、至る場所が「屋」なのではないかと思う。そう考えて、屋の意味をみてみると、
①いえ(家)。すみか(住処、栖)。
②やね(屋根)
③おおい(覆い)。屋根のように物をおおう物。『新漢語林 第二版』を参考。

『字統』によると、「屋は殯(*かりもがり)の建物をいう字である」とのこと。
(*亡くなった人を埋葬(まいそう)する前に、しばらく安置すること。)

これで、「屋」については理解できた。

では、なぜ、「屋」に「水」で、「うるおう」なのか? 手持ちの辞書の解説を読んでもなかなか腑に落ちない。それで、自分なりに考えてみた。

水は、雨や涙を表しているのではないか。

亡くなった人が安置されているところに降る雨。それはその死を悲しむ人たちの涙なのかもしれない。その人々の思いが亡くなった人に伝わり、心潤う。

こんなことを考えていたら、ひとつの言葉が目に留まった。

一雨潤千山

一雨千山を潤す(いちうせんざんをうるおす)。ひと雨だけでも、多くの山々をうるおす、という意味で、お釈迦様の教えに例えた言葉とのこと。

そして、この「渥」という漢字を目にして、真っ先に思い浮かんだのは、

渥美 清さん。「男はつらいよ」の寅さん。

つやがあって、美しく、そして、心に汚れがなくすがすがしい。

いい名前だな~。

愛:教育&常用漢字、漢検7級


愛が含まれる熟語に、「愛日(あいじつ)」というのがある。意味は、

①愛すべき太陽(日光)。冬の日の別称。夏の強烈な日光に対して、冬のやわらかく
 暖かい日光をいう。
②日を惜しむ。時間を大切にする。 
③時日を惜しんで父母に孝養をつくすこと。『新漢語林第二版』

とあり、単に①の意味だけでなく、意味深い熟語だなあと、心に残った。

 

愛という漢字の成り立ちを考えたとき、字形が似ている漢字として思い浮かんだのは「受」。しかし、それぞれ成り立ちが違っていて、思考の日々。

まず、「愛」は、「旡(キ)+心+夊(スイ)」。

「旡」は「既(すで)に」という漢字の右側にある漢字で象形文字
・座ってる人が後ろ向きになって口を開く形、あるいは顔をそむける形。
・食べて、げっぷが出たり、むせたり、息がつまる様子。
・・・らしい。

「夊」は、下向きになった足の形、足をひきずる形、『字統』では「止」を逆さまにした形とみていて、いずれにしても象形文字。尻込みしながら下がる、ゆっくり歩く、向こうから来る、上から降りてくる、というような意味らしい。

この「旡」「夊」に「心」が加わり、「愛」という漢字ができたとのこと。改めて、意味をみてみると、
①いつく-しむ。いと-おしむ。 
 ア.かわいがる。大切にする。また、めぐむ。恩恵を施(ほどこ)す。
 イ.こいしたう。男女が思いあう。転じて、情を通じる。「恋愛」 
②め-でる(めづ)。好む。親しむ。また、楽しむ。賞美する。 
③お-しむ。大切にして手離さない。また、物惜しみする。けちけちする。 
④お-しい。心残りである。残念。 
⑤仏教で、異性や物をむさぼり求めること。十二因縁の一つ。 
キリスト教で、神が人類に幸福を与えること。また、人類すべてを兄弟として
 いつくしむこと。 
⑦愛情。 
⑧生きがいと考えすべてを打ちこむ心。 『新漢語林 第二版』

④や⑤の意味と、「旡」「夊」の意味とを考え合わせると、なるほどなあと思うし、
『字統』には、「後ろに心を残しながら、立ち去ろうとする人の姿を写したものであろう」「愛とは心意の定まらぬ、おぼろな状態をいう語」とあり、「人の心意を字形に写して、巧妙をきわめている。」とあった。

 

一方の、「受」。

この漢字の成り立ちは、「爪(つめ)+舟(ふね)+又(ユウ)」。それぞれ象形文字だが、「舟」はこの場合、乗り物の「船」ではなく、昔、祭りのときに用いた器。
「又」は普通、訓読みで「また」と読むが、音読みは「ユウ」。なんか聞き慣れない読みだが、「友」の音読みは「ユウ」。「又」が含まれていて妙に納得。
この「又」は、「更に、再び、その上、同じく、並びに、それから・・・」というような意味で用いるが、漢字の成り立ちとしては右手の象形文字で、「手、右手、右」という意味を表している。

ということで、「受」は、何か物を渡すときに器に入れ、手から手へと受け渡すことを表している。

 

改めて、「愛」と「受」の字形の変化について整理してみると、

「愛」は、「旡」の部分が、「爪+冖」になっている。一方、
「受」は、「舟」の部分が、「冖」になっている。

この「冖」は音読みで「ベキ」、訓読みで「おお-う」。部首の「わかんむり」と言ったほうがわかりやすいかもしれない。訓読みにもあるように、上から覆う、覆いかぶせる、という意味の象形文字

 

時代の移り変わりと共に、生活、習慣、文化も変化し、言葉の概念も複雑多様化していく中で、その概念に添った漢字に置き換えられていったと考えたい。