漢養舎ブログ

「漢養舎の本棚」「出直し!漢字学習」「思い出のひきだし」「自由のぉと」

韋:漢検1級

音読みは、「イ」。訓読みは、「なめしがわ、そむーく」。

意味は『漢字源』を参考。

①なめしがわ。毛を取り去って柔らかくした動物のかわ。
②なめしがわのように柔らかい。しなやか。
③そむ―く。行き違いになる。
④取り囲む。めぐらす。まわりにめぐらした囲い。

成り立ちについては、諸説あるため、どれが正しいのか判断に迷うが、古い字形を元にした解釈は、

真ん中に、ある場所を示す四角い字形があり、その上下に、左右の足が反対を向いて
描かれている。

というのが、共通点のように思える。

”ある場所”というのは、お城のある町で、四角い線は城壁あるいは、その町の区域を示しているとのこと。『角川新辞源』によると、この四角は、

という指事文字。「国」という漢字などに使われていて、「くにがまえ」という部首といったほうがわかりやすいかもしれない。

"左右の足”については、『字統』では、足の形の

としている。一方、『新漢語林』『角川新辞源』では、

舛=夊+㐄

としている。なお、「韋」では「夊」と「㐄」が上下に配置されている。

「夊」は、「スイ」と音読みし、『字統』によると、「止」を逆さまにした形。

後から行く、ゆっくり歩く、足を引きずる、といった意味合いがある。

「㐄」は、「カ」と音読みし、「夊」の字を反対の方向に向けた形。『講談社新大字典』によると、大股に歩く、またぐ、という意味らしい。

この「夊」と「㐄」を合わせた「舛」の字の篆文(テンブン)という字形は、

のように書かれているものがあり、「舛」の原型をとどめている。

「舛」の意味は、

ア)背(そむ)く。違(ちが・たが)う。
イ)入り交じる。乱れる。
*[日本]ます。「升」の俗字。行書体・草書体が「升」に近いことから。

 

「韋」の上下の字形は、この篆文の字形が時代とともに変化していった結果だろうと思われるが、上部は、漢数字の「五」の「一」を取り除いた形、下部は、カタカナのワ行の「ヰ(イ)」に統一されたのではないかと思う。
*カタカナの「ヰ」は、漢字の、井戸の「井」の省略形。

話があちこちに飛び、ややこしくなってしまったが、結局、どの成り立ちも、「あし」が元になっている。

”ある場所”の上下に「あし」が描かれていることから、その場所を回ったり、あるいは反対方向へ向かったり、というふうに意味づけされ、③④のような意味があるのだと思う。

 

以上、③④については、よくわかったが、一方、なぜ、①②にある「なめしがわ」という意味があるのか、よくわからない。

調べていくうちにわかったことは、

何かを縛(しば)ったり、閉じたり、巻いたりする、紐(ひも)のようなものが
 「かわ」でできていて、そのため、「なめしがわ」という意味に用いられる
 ようになった。

という説が共通点のように思えた。

しかし、どうも納得がいかず、更に調べていくうちに、自分なりに納得できる答えが見つかった。以下に整理してみる。

・古い時代、体を覆う物として、動物の「かわ」が利用された。⇒ 

・その皮はそのままだと腐ったりするので、干して乾かした。⇒ 

・乾かしたままだと硬いため、柔らかくした。⇒ 

「皮」は、動物の皮を手で剥ぎ取っている形。

「革」は、その剥ぎ取った皮をピンと張って干し、乾かしている形。

では、「韋」はどうかというと、

 乾いて硬い「革」を、足で踏んで柔らかくしている形。

なのではないかと考える。

「なめす」は漢字で「鞣す」と書き、文字通り、「革を柔らかくすること」を意味する。

「NPO法人日本皮革技術協会」のホームページに、原始的ななめし方というのがあって、その方法に、

・手や足でもむ。歯で噛む。

というのがあった。この「足でもむ」という行為は、おそらく「踏む」ことであり、「韋」という漢字の字形がピッタリ合ったのではないかと思う。

”ある場所”を”ある物”とし、その”ある物”は、動物の「革」とし、足で踏んで、鞣しているというふうにみたのではないかと思う。また、こうして、

 革 韋

を並べてみると、なんとなく字形が似ていて、「かわ」の状態を漢字で区別するのに適当と思われたのではないかとも思う。

現在は、このように区別されることもなくなっているようで、「韋」を「なめしがわ」の意味で用いられることはほとんどないように思うが、四字熟語に、

韋弦之佩󠄀(イゲンのハイ):
なめしがわの装身具と弦の装身具。韋は、なめしがわで柔らかく、弦は、弓づるで強くきびしい。性格の強い人は韋を身につけ、弱い人は弦を身につけて、それぞれの個性を変えようとすること。自己修養の訓戒とすること。〔韓非子、観行〕

韋編三絶(イヘンサンゼツ)
読書に熱心なことのたとえ。孔子が易(エキ)を愛読して、なめしがわのとじ糸(竹簡をとじる糸)が何度も切れたという故事による。〔史記、孔子世家〕
『新漢語林 第二版』

があり、漢検に出題されることもあるので、覚えておきたい。

ちなみに、一般的に用いられる「なめしがわ」という漢字は、

文字通り、「革を柔らかくする」ということで、わかりやすい。また、

という漢字もあって、これは「革を平ら(旦)にする」ことを表している。

 

「韋」を含む漢字には、

違、偉、緯、韓、

等があり、「韋」の基本的な意味を理解しておくことは、こういった漢字を理解するのにも役に立つと思う。

 

 

意:教育&常用漢字、漢検8級

この漢字を単純に分解すると、

立+日+心

しかし、これだと、「意」の意味が正しく理解できない。

「意」は、二つに分ける。

音+心

音は人の言葉とならない「おと」の意味。言葉になる前の「おもい」の意味を表す。
『新漢語林』

では、「音」はというと、

辛+口=言 ⇒ 言+一=音

という成り立ち。

「辛」は、「辛(から)い」という意味もあるが、元は、

罪を犯した人に、刑罰として入れ墨をするための針の形

で、針で刺されたときに感じる痛みを表す。

「言」は、その「辛」と「口」。

口は、身体の口(くち)ではなく、誓(ちか)いの文書、あるいは文書を入れた器。もしその誓いに背(そむ)くようなことがあれば、刑罰を受けることを前提として、誓う、謹んで言う、という意味を表す。

「言」の成り立ちを、

心+口(くち)

とする説もあるようだが、それが正しいかどうかはわからないとのこと。

そして、「音」はというと、

言の上の部分を「立」という字形に変化させ、口に一画を加え、

言:音

というふうに、字形と意味の区別をわかりやすくしようとしたのではないかと思う。

「音」の成り立ちについては、各辞書で異なっていて、どれが正しいのか判断できなかったため、自分なりに考えてみた。

 

以上のような成り立ちを踏まえて、「意」の読みと意味をみてみる。

音読みは、「イ」。訓読みは、「こころ」「おもーう」。

意味は、

①こころ。 
 ・気持ち。思い。 
 ・考え。見解。主張。
 ・心の持ち方。心がけ。心の向き。意思。
 ・わけ。意味。意義。
②おもむき(趣)。しみじみとした味わい。雰囲気。
③おもう。考える。推測する。また、疑う。

①から③までの意味をみていると、「意」は、人や物、自然など、自分を取り巻く他の物・事へ自分の心が向かい、動くことを表しているのではないかと思う。そして、派生的に、疑うという意味まで持つようになったのかもしれない。

基本的な漢字であるためか、あるいは、派生義が多いためか、簡単な漢字の組み合わせであっても意味がわからない熟語も多くあった。

①から③の意味を頭に入れて、以下の熟語をみてみたい。

・意会(イカイ)
 悟(さと)る。おしはかって理解する。
 *「会」は、ここでは、悟る・理解する意。

・意趣(イシュ)
 ①思惑(おもわく)。意向。
 ②理由。
 ③[日本]恨み。「意趣返し(恨みを返すこと)」

・意緒(イショ)
 あれこれの思い。

・意表(イヒョウ)
 思いがけないこと。考えていなかったこと。意外。予想外。「意表をつく」

・意旨、意指(イシ)
 考え。こころがけ。おもむき。

・不如意(フニョイ・イのごとくならず)
 ①思うようにならないこと。
 ②[日本]貧しくて、家計が苦しいこと。「手元不如意」「不如意な暮らし」

・命意(メイイ)
 ①絵や文学などの作品を工夫する。また、工夫。
 ②作品の主意。

・柳意(リュウイ)
 ①柳の心。▽詩人が想像していうことば。
 ②春の気配。*柳(やなぎ)の若い芽(め)が出る頃。

・商意(ショウイ)
 秋の気配。*「商」は、五行で秋に当てる。*商気(ショウキ)も同じ意。

・称意(ショウイ)
 心にかなう。気に入ること。
 *「称」は、ここでは、ぴったり合う、適合する意。

・造意(ゾウイ)
 ①犯罪の計画を中心になって考えること。また、その人。
 ②工夫し考案する。

・率意(ソツイ)
 心に従う。意のままに。
 *「率」は、ここでは、従(したが)う意。

・新発意(シンボッチ・シンボチ・シボチ )*読み方に注意!
 [仏教]新しく仏門に入った人。出家して間もない人。

 

以上、「意」について調べてみた。

小学校で習うような漢字は簡単そうに思えるが、意味が派生していくため、けっこう難しい。元の意味をきちんと理解しておくことが大切だと、つくづくそう思う。

どうりで、なかなか受からないわけだ<笑> 

 

 

 

「良」と「艮」

前回、「畏」について調べている時に気付いた点を整理してみたい。

「畏」の下の部分は、「長」と同じように人の体の部分を表しているということから、「良」も同じだと考えていたら、古い字形は違うことがわかった。

「良」の古い字形は、

辞書によって解釈に違いはあるものの、共通点を整理してみると、

「なんらかの器具のような物を使って、穀物を選別している形」

で、真ん中の四角い箱のようなものが「なんらかの器具」。上下の波線のようなものは穀物で、その穀物が器具の中を通っている形。そうして、良いものを選ぶことから、「良い」という意味に用いられる、ということだと思う。

しかし、この古い字形が、なぜ、「良」という字形へと変化したのか?

 

そこで、良とよく似ている漢字の「艮」と何か関係があるかもしれないと思って調べてみた。

「艮」の古い字形をここでは表示できないが、

「目+匕(人)」

で、「匕」を人と見るか、ナイフやスプーンのようなものと見るかによって、解釈が大きく異なっているが、共通点を整理してみると、

「目が強調されて描かれている」

ということだと思う。

「艮」の基本的な意味は、

・背(そむ)く、逆らう、とど(止・留)まる

「目は口ほどに物を言う」というが、「艮」はそれを表現しているのかもしれない。

また、「艮」は、「うしとら(丑寅)」と訓読みし、北東の方角を意味する。

北東の方角は、鬼が出入りし集まる所といって忌み嫌われる「鬼門」で、万事に良くないらしい。

あくまで、私見であり仮説だが、

 艮=悪

と考え、その対義語として、「艮」の上に点を打って、

 良

という漢字ができたのではないかと思う。

畏:常用漢字、漢検2級

音読みは、「イ」。訓読みは、「おそーれる、かしこーい、かしこーまる」。

この漢字の上部は、稲(いね)を育てる土地の「田」のように見えるが、そうではなく、鬼(おに)の頭らしい。

そこで、確認のため、「鬼」の古い字形をみてみると、

確かに頭を「田」のように書いてあって、鬼が跪(ひざまず)いているような姿。

一方、「畏」は、

と描かれていて、鬼が手に何か持っているように見える。

辞書によって解釈は異なるが、共通しているのは、鬼が手に何か棒状の物を持っている形である、ということ。その棒状のものは、鞭(むち)や何らかの武器、『字統』では、古い時代の聖職者が持つ杖(つえ)のような形をしたもの、としている。

「田」が鬼の頭?、と、不思議に思えるが、ここでいう鬼は、桃太郎や節分、鬼滅の刃、などに登場する鬼とは異なり、亡くなった人の魂(たましい)で姿は見えないことから、漢字で表す場合、漠然としたイメージで書くしかなかったのではないかと思う。

 

では、「畏」の下の部分はなぜこのような形になったのか? 

例えば、

は、足の形。最後の一画はまっすぐな横線になっているが、

は、「口+止」ではなく、最後の一画を止めずに払ったようになっている。そして、

*長い髪の人(老人。長老)の形。

は、止や足の最後の二画を、先に「レ」のように一画で書いている。

「畏」の下の部分も「長」と同じように字形が変化したためだと思う。

手に持っていた棒状のものはどこへ?と疑問は残るが、これに関してはよくわからない。省略されたのか、あるいは、畏の下の部分の最初の一画がその棒状のものに相当するのか・・・。

 

成り立ちについてはこのぐらいにして、

改めて、「畏」の意味について、『漢字源』をみてみた。

①おさえられた感じを受ける。威圧を感じて心がすくむ。
 また、おそろしくて気味が悪い。おびえる。
②こわい目にあう。また、おどされる。たちすくむ。
③気味悪さ。また、威圧を受けた感じ。
④心のすくむようなさま。こわいさま。転じて、尊敬すべき。
[日本]
①おそれ多い。また、ありがたい。
②おそれ入ってつつしむ。また、つつしんで承る。

こうして、意味をみてみると、目に見えない、姿が見えない存在を、

・恐い!と感じて、恐れたり、怯(おび)える
・更には、威圧感を感じる

といったマイナスイメージから、そういった存在に対して、

・敬(うやま)う
・更には、ありがたく思う

というようなプラスのイメージへと意味が派生していったのではないかと思う。

 

普段、あまり目にしない漢字のような気もするが、命令や依頼などを謹(つつし)んでお受けします、承(うけたまわ)りました、と言うときに、

 かしこまりました

と言うこともあって、漢字で書くと、

 畏まりました

う~ん、やっぱり、ひらがなで書くなあ<笑>

 

熟語に関しては、ひとつだけ気になったものがあった。

畏日(イジツ)

意味は、「光の強い真夏の太陽のこと。また夏の日。」

これは、次のような故事によるとのこと。

中国、晋(シン)の趙衰(チョウシ)と趙盾(チョウトン)の人物評を求められた賈季(カキ)が「趙衰は冬の太陽で、趙盾は夏の太陽です」と答えたという『春秋左氏伝』の文に、晋の杜預(トヨ)が「冬日愛すべく、夏日畏(おそ)るべし」という注を付したことから。『漢字ペディア』より。下線部差し替え。

よって、畏日の対義語は、

愛日(アイジツ)

これは、「冬の日光、冬の日」という意味の他、

・時間を惜しむ。

・日時を惜しんで父母に孝養を尽くす

という意味もある。

 

これからいよいよ本格的な冬の到来。愛日の日々を送りたい(^_^)

 

為:常用漢字、漢検4級

この漢字、いったいなぜ、こんな字形なのか?

調べていくうちに面白いことがわかってきた。

まず、この漢字の古い字形は、

「手(爪)」と、動物の「象」との組み合わせ。

ちなみに、象の古い字形は、

・・・と、こんな感じ。

「象」は、向きが反対にはなっているが、古い字形をそのまま今の字形に自然に変化させていったように思える。

一方、「為」はかなりデザイン化されているが、よく見てみると、2画目の長い「ノ」は象の鼻のようにも思えるし、最後の4つの点は足。そして、段々に積み重ねられたような形は象の大きさを表そうとしたのかもしれない。

いずれにしても、「象」は象形文字で、「為」は「手」と「象」の会意文字であることが、字形の変化に表れているように思う。

 

では、改めて、「為」についてみていく。

音読みは、「イ」で特に問題なし。訓読みは、「なーす、すーる、ため、つくーる、
なーる」と、多い。

意味は、
①なす。する。行う。「行為(コウイ)」
②ため。ために。「~のため、~のために」
③まねする。いつわる。「作為(サクイ)」
④つくる。設ける。
⑤なる。・・・となる。・・・になる。

では、なぜ、このような意味が生まれたのか。それは、人と象との関わり方にあるように思える。

今の時代、象は動物園でみる動物という印象が強いが、古い時代、人は象を飼いならし、使役していた。知能も高く、人に馴れやすいということがあったからかもしれないし、なによりその大きさと力から、重い物を運んだりするのに頼りになる動物だったんだと思う。

それを踏まえて上記の意味を改めてみてみると、なるほどと思う。

③の「いつわる」は、漢字で書くと、

「偽る」

人が何かを作り出したものは自然のものではない、という意味合いからそういう意味が派生したのかもしれない。

「偽」という漢字をみていたら、老子の「無為自然」という言葉が浮かんできた。

いずれにしても、力の強い象が果たす役割というのは人間にとって大きかったのだろうと思う。

 

余談だが、象の長い鼻。この鼻は実は、鼻と上唇が一緒になって伸びたものだとのこと。そして、鼻の先には指のような突起があって、小豆(あずき)サイズのものも掴(つか)めるとのこと。
う~ん、今度よくみてみよう。