漢養舎の本棚

子どもたちの心を育て養うのにいいと思った本や絵本を紹介するとともに、自らの思いや感じたことなどを綴ります。

あたたかい木

f:id:kanyousha:20201001054553j:plain
作:くすのき しげのり
絵:森谷明子
発行所:佼成出版社
発行日:2008年10月30日

出版社からの内容紹介:
なぜ、この木はあたたかいのだろう。
どうして、ここにあるのだろう。
心の中まであたたかくなるのは、なぜだろう。

「あたたかい木」を見つけた若い植物学者は、あたたかい木を研究して世界中から注目される学者になった自分のすがたを思いうかべた。しかし、あたたかい木にいだかれたおだやかな時の流れの中で、若い植物学者の心は、しだいに変わっていく・・・。

作者あとがき:
 わたしがこの作品を書いたのは、今から20年ほど前のことです。
 それから現在まで、日本や海外で、多くの人たちに、直接この作品を紹介してきました。
 この作品に関心を持ってくれる人が、「あたたかい木」から思いうかべるものは、神・仏・父親・母親・家族・家庭・愛する人・親友・ふるさと・自然・大いなるもの・・・と、読む人によってちがいます。ところが、「あたたかい木」から思いうかべるものがちがっても、共通することは、そうした存在に、あたたかく受け入れられ、愛されていたという記憶があるということ、あるいは、現在、あたたかく受け入れられ、愛されているということです。
 はるかかなたの山のおくにあるという「あたたかい木」。
 しかし、わたしたちが気づきさえすれば、「あたたかい木」は、わたしたちの幸せな記憶の中にも、そして、わたしたちのまわりにも、あるのかもしれません。
 そうであるならば、わたしたち自身が、他の人にとっての大切な存在(環境)であるということを自覚したときから、わたしたちも、きっとだれかにとっての「あたたかい木」になることができるのです。
 わたしも、そして、この絵本を手にとり、こうして最後まで読んでくださったあなたも、すでに「あたたかい木のことを知っている人」なのですから。

この絵本を読んで:
 山の奥にある一本の「あたたかい木」。その周りは一年中、花や緑があって、冬の北風もあたたかく、動物たちが自然と集まってきます。
 その不思議な木を見つけた若い植物学者はその木の調査を始めるんですが、そのうちに気持ちがよくなって寝てしまいます。寝ているときには、亡き母の夢を見ます。そして目が覚めると、動物たちが自分の周りでくつろいでいっしょに寝ているんです。
 それからの何日か、動物たちと過ごしながら、「あたたかい木」のことを考えるうちに、心がおだやかにやさしくなっていきます。
 そして事あるごとに、「あたたかい木」のことを思い出し、年を重ねていき、最後には、この研究者が「あたたかい木」のような存在になるというお話です。

 内容的に、小さいお子さんには抽象的に感じるかもしれませんが、それを絵が補っているように思いました。とにかく、絵を見ているだけで、ほのぼのとしてきます。
 熊を枕にして寝ているところや、月夜にふくろうが寄り添っている姿、小動物があちこちにいるようすは、見ているだけで心が癒やされます。

おおゆき

f:id:kanyousha:20200914040816j:plain

最上一平/作
加藤休ミ/絵
発行所:鈴木出版(すずき出版)

出版社からの内容紹介:
美しい雪も時に脅威に変わります。大雪で動けなくなった車が、なんと1000台! 渋滞のまま、トイレには行けないし、おなかはすいてくるし…絶望的な気分の中、地元の温かい助けほど心強いものはないのではないでしょうか。家族の行動を見て、ゆうきたちも一生懸命にお手伝い。とんだ災難も、心に残る大晦日の思い出に変えてくれるような、雪国の家族の物語。

この絵本を読んで:
男の子の兄弟がお父さんと一緒に雪かきをしている場面で、お父さんが降る雪を仰ぎ見ながら、「明日は大晦日だっていうのに、こりゃあ、正月に帰ってくる人も大変だ」と他者を気遣います。また、翌朝一番に起きたおじいさんは、渋滞でトイレに行けない女の人が駆け込んでくると、他にも同じように困っている人たちがいることを知り、寝ている家族を起こします。そして、男の子たちに、「トイレあります」という看板を作るように言います。

公民館では村の人が集まって、おにぎりや芋煮汁を作ります。ラーメン屋さんやお饅頭屋さんはラーメンやおまんじゅうを無料で配り、お店をやっていないような人たちも役に立ちそうなものを持って、渋滞で困っている人たちのところに行きます。

家族や村の人たちのこうした行いは、昔は当たり前のように行われていたように思いますし、今でも、災害に見舞われたところには、多くのボランティアが駆けつけるということを目にします。

「困ったときはお互いさま」、と、おじいさんが言うんですが、それはきっと自分が困ったときに助けてもらった経験から相手を思いやる心が育ったんだろうと思います。

小さい子どもたちにはまだそういう経験は少ないかもしれませんが、こういった絵本を通して疑似体験をし、他者を思いやる心が育つといいなと思います。

クレヨンで描かれている雪国の風景が、なぜか温かく感じます。

 

もったいないばあさん

f:id:kanyousha:20190706102748j:plain
作・絵:真珠まりこ
発行所:講談社

出版社からの内容紹介:
「もったいない」って、どういう意味?
もったいないばあさんが、今日もぼくの家にやってきた。ぼくが捨てようとした物で、いろんなことをしてくれるんだ! 物を大切にする心が自然に育つベストセラー絵本。

この絵本を読んで:
この絵本には、おばあさんと男の子が登場します。そして、男の子がもったいないことをしていると、どこからともなくおばあさんが現れます。

最初は、男の子が食べ残していたり、歯磨き中に水を出しっぱなしにしているのをみて、注意をするんですが、なぜそういうことをしてはいけないのかを諭すんではなく、男の子の顔についているご飯粒をべろべろなめたり、「コップ一杯で足りるだろ~!」と叱ります。男の子は恐くなって泣き出してしまいます。

次に、男の子がまだ使える紙や色鉛筆を無駄にしようとしていると、ただ単に叱るのではなく、その活用法を教えます。みかんの皮は干して、みかん風呂にします。男の子が気持ちよさそうにお風呂に入ります。

最後には、夜暗くなって男の子が電気をつけると、もったいないといって、帰っていきます。そして、「暗くなったら、寝るだけさ」と言って寝てしまいます。

24時間営業しているお店が日常にある中で、「暗くなったら、寝る」ということを言うと滑稽に思えるかもしれませんが、それが当たり前だったのは、そんなに遠い過去のことではないように思います。また、それが本来の生き方なのかもしれません。

今の世の中はもったいないことであふれかえっているように思います。そして、それが当たり前になってしまっていて、もったいないことをしていることに気づかないことも多々あります。

あるとき、コンビニにお弁当を買いに行きました。店員さんがバーコードをなぞるとエラーが出ます。賞味期限が1時間ほど過ぎていたためです。結局そのお弁当は売ることができずに廃棄処分。もったいないことです。

そう思いながら、買い物に行くと、ついつい、棚の奥のほうの一番新しいものを取ってしまっている自分がいて、そういった行動が廃棄処分につながるんですね。反省することしきりです。

子供たちといっしょにこの絵本を読みながら、「もったいない」ことについて考え、改めていきたいですね。

この記事を書いているときに、この「もったいないばあさん」のアニメがあることを知りました。英語をはじめ、中国語、スペイン語、フランス語、ヒンディー語にも翻訳・吹き替えされています。是非、ご覧になってみてください。

mottainai-baasan.com

 

 

母ぐま子ぐま

f:id:kanyousha:20190529101749j:plain
作:椋 鳩十
絵:村上 康成
発行:理論社

出版社からの内容紹介:
「しんでは いけない。しんでは いけない」はげしい いたみに 気が遠くなるなか、母ぐまは 二ひきの 子ぐまを 思い、のうみその おくの方で さけびました。
いのちの きけんと となりあわせの 野に 生きる、くまの 母子の あいを えがいた お話です。

この絵本を読んで:
母親の、子供に対する愛情の深さを描いたお話なんですが、一方で、自然や熊たちの生活ぶりがとてもくわしくわかりやすく描かれています。

春の雪どけのなだれの音が、ねざめ前のお母さんのやさしい歌のように気持ちよく響いてくると表現されていたり、冬眠から覚めたばかりの食事のようすでは、子グマがぺたんとおしりをついてすわって、さわがにを食べるところなど、思わずにっこりとしてしまいます。

そんな熊の母子を、二人の狩人が4匹の犬とともに狙うんですが、母熊は子グマを助けたい一心で力を振り絞って犬たちの攻撃を振り払います。

そして、自分たちを襲った狩人に対しては、にらみつけ、うなるだけで去っていきます。無益な殺生はしないというのが自然界の掟なのかもしれません。

最初にも書きましたが、この絵本は母親の子供にたいする愛情がどのぐらい深いものなのかが描かれています。この絵本を手にしたお子さんたちが、自分の身に置き換えて、おかあさんの愛情を感じ取ってもらえたらと思います。

今の世の中でも愛情深いお母さんがほとんどだとは思うんですが、一方で親が子供を虐待したり、はては殺したりするといったニュースが後を絶ちません。

この絵本を手にした子どもたちが大人になったとき、そんな殺伐とした社会にならないような世界を作ってもらえたらと願います。

 

 

 

3つのなぞ

f:id:kanyousha:20190529093607j:plain
作:ジョン・J・ミュース
訳:三木 卓
発行所:株式会社フレーベル館

出版社からの内容紹介:

「なにをすることが いちばん だいじなんだろう?」
「いつが いちばん だいじなときなんだろう?」
「だれが いちばん だいじな人なんだろう?」

ロシアの文豪トルストイの「三つの疑問」を、子どもたちに親しみやすい形に変え、人としての真理を優しく説いたミュースの会心作。

ミュースは、トルストイの作品には多くの知恵があり、それを子どもの成長の手助けにしたくて、身近な世界におきかえた絵本を作ったといいます。たとえ十分には理解できなくても、幼い心に何か印象的なものとして残れば、それに惹かれて、またそれを理解しようとして、その後何度も絵本を手にとることになるでしょう。そしていつかきっと、心の支えになってくれる。人生をともに歩いてくれる絵本だと思います。

この絵本を読んで:

主人公のニコライという男の子が3つのなぞについて友だちのサギ、サル、犬に質問をします。それぞれが答えるんですが、ニコライは納得できません。

それで、レオというお年寄りのカメだったら答えを教えてくれるんじゃないかと、会いにいきます。

そこで、畑仕事をしていたレオの仕事を手伝うんですが、突然の激しい雨と風。その風雨でけがをしたパンダの親子を助けます。

パンダの親子が元気を取り戻したあと、ニコライは改めてレオに3つのなぞについて質問をすると、レオは、「もうその答えは、自分で出してしまっている」と言います。

まず最初に、レオの畑仕事を手伝っているそのときが一番大事なときで、大事な人はレオ。そして、畑仕事を手伝うことが一番のなすべきことであると答えます。そして、けがをしたパンダの親子との出会いが、次の一番大事なときで、大事な人はパンダの親子。そのパンダの親子を助けることが一番のなすべきことだったと答えます。

自分自身を振り返ってみると、ニコライと同じように漠然と、「自分は何がやりたいんだろう、何ができるんだろう」と考えていた時期がありました。そして、その答えが見つからないまま、「今」を大事にしてこなかったように思います。

レオが最後に、「自分たちがこうして生きているのは、3つのなぞの答えを知るためなんですよ」と諭すんですが、これは、「答えはあとになってわかる」「だから、生きている今、その時々を一生懸命生きなさい」と教えてくれているように感じました。

この絵本のはじめに、ニコライがこう言います。「ぼくは、いい人間になりたいんだ」と。

この思いがあるからこその悩みであり、3つのなぞが生まれるような気がします。

 

くろくんとちいさいしろくん

なかや みわ/さく・え
発行所:童心社

出版社からの内容紹介:ちいさくてしろいくれよんが、まいごになりました。くろくんたちは、力を合わせてしろくんのなかまをさがしますが見つかりません。くろくんたちはしろくんをなかまにおむかえすることにしました。けれどある日…。

 この本を読んで:くろくんとちいさいしろくんにはそれぞれ仲間がいるんですが、まいごになったしろくんをくろくんたちは仲間として気持ちよく受け入れます。そして、仲間探しに疲れて休むときなんかには、くろくんは自分が休む場所をしろくんに譲って自分は箱の外で寝るんですね。そのやさしさがじ~んときます。そして、なかなか仲間が見つからないしろくんをくろくんたちは自分たちの仲間に入れてあげることにして、しろくんの居場所を作ってあげたりもします。結局、しろくんの仲間がしろくんを見つけて、しろくんは仲間のところに帰っていくんですが、くろくんたちはしろくんがいなくなったさびしさがありながら、しろくんが仲間のところに戻れたことを喜びます。そして、くろくんたちはこのことで仲間の絆がより深まります。思いやりの心を、くれよんという小さい子どもたちには身近な題材でわかりやすく教えてくれていますから、きっと子どもたちの心にいつまでも残るんじゃないかと思いました。

 

そらは あおくて

f:id:kanyousha:20200303101539p:plain
シャーロット・ゾロトウ/文
なかがわ ちひろ/訳
杉浦 さやか/絵
出版社:あすなろ書房

出版社からの内容紹介:
古いアルバムの中でほほ笑むのは、今とは違う服を着て、今とは違う家に住む女の子。お母さんも、おばあちゃんも、昔は「小さな女の子」だったなんて、ほんとかな?でも、いつの時でも、空は青くて、草は緑……。

この本を読んで:
お母さんが女の子に、お母さんやおばあちゃんが小さかったときの写真を見せるんですが、女の子はそのアルバムの頃の時代と今とを比べて、違いを見つけていきます。でも、お母さんはその写真を見せながら、時代は変わっても変わらないものがあることを優しく繰り返して話します。たぶん女の子は、その時点ではわかったようなわからないような感じなんだろうと思います。
アルバムを見終わったときに女の子が「おわっちゃった・・・」と言うんですが、お母さんは「続きがあるのよ」と言って、「あなたもいつか自分の写真をあなたの子どもに見せながら話をしてあげて」と話します。
時代は変わっても変わらないものがある、そして、それがとても大切なもの、大切なことであることを教えてくれる絵本だと思います。

注意読本

f:id:kanyousha:20190704153223j:plain
著者:五味太郎
装丁:ももはらるみこ、たけちれいこ
発行所:ブロンズ新社

出版社からの内容紹介:子どもの生活には、とにかく注意すべきことがいっぱい! すこやかに、そして力強く生きてゆくためには、ぼんやりしてなどいられません。ユーモラスかつシニカルな視線で、子どもの生活のなかにある注意点を切りとった、五味太郎による子どものくらし方読本。

この絵本を読んで:まず、最初に、「すこやかに そして力強く暮らしてゆくためにはぼんやりしていてはいけません いろいろと注意しましょう」と、あって、それから、起きてから寝るまでに注意することがリズミカルに展開していきます。注意することがたくさんありすぎて、精神的にまいってしまいそうになるんですが、最後には、「注意のしずぎは あなたの健康を害するおそれがあります 注意しましょう」と、あって、思わず、ホッとしてしまいました<笑>

ユーモアというかウイットに富んだ言い回しに、ついつい引き込まれて一気に最後まで読んでしまいがちですが、その中には作者からの大切なメッセージが含まれていますので、そこに注意して(^_^)、読み進めてもらいたいと思います。

「食事に注意」では、食品に対する意識、「世間に注意」では、マナーについて意識することをやんわりと伝えてくれています。そして、「自動車に注意」では、「これは かなり代表的な注意ですから かえって ときどきわすれてしまったりすることがありますので あらためて 注意しましょう」と、注意を喚起しています。

中国の書物『孝経』に、「身体(しんたい)髪膚(はっぷ)これを父母(ふぼ)に受く あえて毀傷(きしょう)せざるは孝の始めなり」(人の身体はすべて父母から恵まれたものであるから、傷つけないようにするのが孝行の始めである)と、あって、まさにこのことをこの絵本は伝えてくれているように感じました。

「夢に注意」では、「なるべく 悪い夢を見ないですむような 正しい暮らし 楽しいくらしのあり方について 注意しましょう」とあり、毎日の基本的な過ごし方というものを教えてくれているように思います。

たくさんの注意事項ではありますが、この絵本を何度か読んでいるうちに、いつのまにか記憶され、そして、毎日の生活の、その時々に、無意識にうちに思い出され、役立つのではないかと思います。

メルリック~まほうをなくした まほうつかい~

f:id:kanyousha:20190529100420j:plain
作:デビッド・マッキー
訳:なかがわちひろ
発行所:光村教育図書株式会社

出版社からの内容紹介:メルリックは、心やさしい魔法使い。人間の仕事を何でも魔法でホイホイやってあげていました。ところがある日、魔法が底をついて、大混乱! さあ、どうする? 初版から40年以上を経て絵をすべて描き直し、改めて今、世に問う意欲作。

この絵本を読んで:心やさしいメルリックは、魔法が使えなくなったあと、だれもが苦労して働いているのをみて、「かわいそうに。早く魔法を取り戻して、助けてあげよう」と思います。そして、魔法大王のクラ先生にその気持ちを伝えるのですが、その話を聞いたクラ先生は、「おろかなメルリックよ。おまえのしたことは、誰の役にも立っていない」と叱ります。納得のいかないメルリックは言い訳をするのですが、クラ先生は、「人々は、魔法の力に頼るようになった。おまえがそうさせたのだ。そして、魔法がなくなった今、何一つ自分ではできない。それでも助けたことになるのかね?」と諭します。メルリックは返す言葉がありません。
 そんなメルリックにクラ先生は最後のチャンスを与えます。
 再び魔法が使えるようになったメルリックがお城へ帰ると、メルリックがいないことをいいことに、敵が攻めてきていました。「今こそ、魔法を使うときだ」と、メルリックは思い、魔法で敵の兵隊を黒猫に変えてしまいます。そして、城内にいる犬を放って黒猫を追い払います。この絵本の良いところは、魔法の力で敵を殺したりするのではなく、黒猫に変えて追い払うだけです。そして、黒猫が自分のお城に帰ったら人間に戻るだろう、と言います。心やさしいメルリックならではの魔法の使い方に感心することしきりです。
 魔法なんてあるはずない、と思う子もいるかと思いますが、わたしたちの身の回りは、何でもやってくれる魔法のようなもので溢れています。確かに便利ではあるんですが、果たして本当にそれでいいのかと、この絵本を通して、お子さんたちと考えてみてはどうかと思います。そして、本当に必要なものと、無くてもいいもの、無いほうがいいものを選別する力を養うことによって、自分でなすべきことというものが判断できるようになるのではないかと思いました。
 宿題をやってくれるロボット、なんて、必要ですか?(^_^)

手ぶくろを買いに

f:id:kanyousha:20190529102847j:plain
作:新美南吉
絵:松成真理子
発行所:岩崎書店

出版社からの内容紹介:はじめての冬をむかえた子ぎつねは、手ぶくろを買いに町へおりていきました。母ぎつねは、子ぎつねの手のかたほうを、人間の手にかえてやりましたが、子ぎつねがぼうし屋にさしだしたのは、まちがったほうの手でした。
いまなお読む人の胸をうつ、南吉童話の不朽の名作。 

この絵本を読んで:母親の、子どもに対する愛情、そしてやさしさというものが伝わってくる絵本です。こういう絵本を通して、おかあさんがどれだけ自分のことを大切に思ってくれているか、自分が子ギツネになったつもりで読んだり聞いたりできるといいですね。そして、この絵本を読んだあとに、動物たちに対する愛情が深まることも期待します。
間違って、キツネの手のほうを出したにもかかわらず、手ぶくろを売ってくれた帽子屋さん、そして、帰りに垣間見た人間の母親が子どもに歌って聞かせている子守歌と母子の会話を聞いて、「ちっともこわくない」と思ってしまった子ギツネ。そんな、子ギツネの話を聞いて、あきれながら、「ほんとうに人間はいいものかしら。」とつぶやく母ギツネの心情は、はたしてどうなのか、、、。自分としては、人を信じる気持ちは持ってもらいたいと願いますが、世の中には、良い人もいれば悪い人もいますから、まずは先入観を持たずに接し、そのあとで、その人の善し悪しを判断できるような人になってもらえたらと思います。